スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十六回クマー杯第一回戦・第四局 kumakoyomi 対 kuma_sakaba



▲kumakoyomi 対 △kuma_sakaba

戦型 四間飛車



後手sakabaは四間飛車だが、早めに3筋4筋の歩を突いてゆく、いわゆる立石流と呼ばれる形。これ嫌ですよね。急戦封じられる上に、角道開いているので穴熊にもしづらいですし。そんなこんなで角交換が行われた後、sakabaは石田流の形を決め、作戦勝ちへ。先手koyomiは玉頭戦を狙うが、陣形が上ずった所でsakabaの角打ち(44手目△3九角)により馬を作られ、香車を抜かれてかなり厳しい。早めの投了もやむを得ないこととなった。

wikipediaによると、立石流対策は居飛車側からの角交換、らしいです。


[ 2011/10/24 20:00 ] クマー杯 第十六回クマー杯 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。