スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十六回クマー杯第四回戦・第二局 kumaelectro 対 kumamotokrin



▲kumaelectro 対 △kumamotokrin

戦型 矢倉



二人とも矢倉が好きな居飛車党、というわけで相矢倉へ。electroは先手であれば積極的に早囲いを目指す。棒銀も成功し、馬も作り、一本とった形。しかし、61手目▲8三銀とkrinの飛車をいじめた次に63手目▲7四銀成としてしまったので、銀と香車の交換となり、ここからややもつれ出す。63手目は普通に8二銀不成ですよね。

仔細は省きますが、私はkrin玉を即詰みに打ちとったと思ってたのですよ。実際そのような変化となり勝利しました。しかし、見返すと106手目で△2三玉に替えて△3五玉とされていたら、入玉されて確実に負けてましたね。入玉を最後の手段としてしか認識してないから、そのような筋が見えないのでしょうか・・・反省点の多い将棋です。


[ 2011/11/01 13:24 ] クマー杯 第十六回クマー杯 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。