スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十六回クマー杯第四回戦・第四局 kuma51 対 kumakuma0130



▲kuma51 対 △kumakuma0130

戦型 四間飛車



後手0130が四間飛車穴熊の駒組みを着々と進める間、51は天守閣美濃に組む。ここで0130は40手目△6二飛!の奇襲を見せる(向かい飛車にするものとばかり思ってた)。争点が左辺に移ったことで、51は飛車を左に、玉を右へと入れ替えるが、この間に0130は銀冠穴熊に組み替えてゆき、まさに鉄壁となる。とはいえ、51も左右に広い構え、攻めるのは難しいかと思われた。

そこで0130の決断は1筋の端攻め。飛車の横利きが移動中の玉により遮られていた隙を突いた。ここから0130は大ゴマを捌きつつ歩と桂馬でじわりじわりと51玉を追い詰めてゆき、最後に9手詰めで追い込んだ。穴熊に組んでも攻めをつなげるセンスが素晴らしいですね。


[ 2011/11/19 07:38 ] クマー杯 第十六回クマー杯 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。