スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十六回クマー杯第四回戦・第五局 kumarnd 対 kumakoyomi



▲kumarnd 対 △kumakoyomi

戦型 矢倉



両者矢倉だが、二人とも7八(3二銀)から7七(3三)へと銀を進める。後手koyomiが藤井流の早囲い(左美濃の可能性を残しつつ、というやつ)、対して先手rndがオーソドックスな囲い方。koyomiが7筋の歩交換で先に仕掛けるが、rndの棒銀が炸裂、銀交換へ。rndさんの棒銀っていつもいつの間にやら成功してますよね。

51手目▲4六角により両者の角が睨み合い、どちらが先に角交換を仕掛けるかという形となったが、それはkoyomi(56手目)。すかさず角を打ち込み(58手目△4七角)、馬を作る。rndは少し捻り、koyomiが歩切れを解消した62手目△4五歩を逆用し、4四へ歩の楔を打ち込んだ後(63手目)に角を打ち込み(65手目▲7一角)、馬を作る。最終的にこの歩の楔がと金となり、馬との協奏によってkoyomi玉を追い込むのであった。


[ 2011/11/19 07:39 ] クマー杯 第十六回クマー杯 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。