スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十七回クマー杯・白組第一局 kumamakemasu 対 kumapedo



▲kumamakemasu 対 △kumapedo

戦型 四間飛車






[ 2011/11/25 05:43 ] クマー杯 第十七回クマー杯 | TB(-) | CM(2)

当初は矢倉のつもりでしたが4手目△8五歩に(おとなしく▲7八金あたりで受ければいいのに)
▲7七角で受けてしまったので急遽四間飛車に方針変更www
過去の棋譜を見たら本戦で振るのは第7回の準決勝以来,
四間飛車に至ってはクマ研含めても第3回にtopoさんに一蹴されて以来です。多分。

33手目の▲6五歩にpedoさんが手を抜いたので,飛車が捌けて
一方的な展開になりましたが素直に△6五同歩でまだまだという気がします。
31手目の▲3六歩も省略して▲9六歩~▲9七桂と
構えてからの▲6五歩の方がより効果的な気がします。
[ 2011/11/25 23:07 ] [ 編集 ]

>▲7七角で受けてしまったので急遽四間飛車に方針変更www

これ僕もついついやっちゃうんですよw後手が早めに△8五歩ついてくるの嫌ですよねぇw
無理矢理に矢倉にするのも癪だし、四間か向かい飛車に振ってしまいます。
またたまに振ると楽しいんですよね、負けるけどw

しかし、なかなか四間飛車が様になっているではないですか。
早めに5六に銀が出て鎖鎌銀のような形にしたのが好形でしたね。
飛車交換に強い美濃の特性を生かした攻めもお見事です。
[ 2011/11/26 09:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。