スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第十七回クマー杯・白組第二局 kumamakemasu 対 kumarnd



▲kumamakemasu 対 △kumarnd

戦型 四間飛車






[ 2011/11/25 05:48 ] クマー杯 第十七回クマー杯 | TB(-) | CM(2)

角換わりの出だしなのになぜか先手は中原囲い風味,
さらに居飛車穴熊-四間飛車片美濃の対抗系へとめまぐるしい変化。
10秒将棋で良くこの変化について行けたもんだと我ながら感心www
ただ角・飛車をいじめられて以降の先手の駒損がひどすぎですね。

勝負の分かれ目は40手台前半あたりでしょうか。
本譜では▲5五角~▲4四歩としたんですが,
51手目▲1一角成と馬を作った時点でもう後が続く感じがしない。
このあと飛車を最終的に捕獲されてもう後続の駒がないorz

この場面先に▲2五歩と突き捨ててから▲4四歩でなく
▲4五歩と焦点に打ち込んだ方がおもしろそう・・・
もうちょっと追っかけてみたい変化ですが,対局中に見えそうにないのがまたなんとも。
[ 2011/11/25 23:24 ] [ 編集 ]

穴熊への変化のあたりはすごく感心してみてましたよw上手くまとめてると思います。
一旦銀が7七まで出ますから、手損ではありますが相手も四間飛車で攻め手に欠けますしね。
40手目台はもう少し早めに2五歩を突いておきたいところだったのではないでしょうか。
銀が飛車の横利きを遮っているので、2筋突破を狙うしかなさそうなので。
だいたい、棒金でやってくるrndさんがおもしろ柔軟すぎるんですよw
[ 2011/11/26 10:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。